リフォーム施工例

川越市:1坪の浴室のバランス釜をユニットバス~LIXIL(リクシル)のラ・バス~に交換

ユニットバス:LIXIL(リクシル)のラ・バス完成(風呂リフォーム)

お客様のご要望

段差があり、タイルで寒いため、どうにかして欲しいとご依頼頂きました。

施工のポイント

土間コンクリートの強度と、断熱性に配慮しました。 また、建物の既存の部分との調和を図りながら施工しました。

施工例写真

  • 既存の浴室です。
1坪の広さがありながらバランス釜の分浴槽が狭く、使いにくそうな浴室でした。
タイルの壁を壊し、釜を外し、解体を済ませました。
バランス釜の吸気口を使い新しい給水・給湯を引いていきます。
築年数によりますが、こちらのお家では、給水・給湯・追炊き管の全てを新しくやり直していきます。 既存の浴室です。
    1坪の広さがありながらバランス釜の分浴槽が狭く、使いにくそうな浴室でした。
    タイルの壁を壊し、釜を外し、解体を済ませました。
    バランス釜の吸気口を使い新しい給水・給湯を引いていきます。
    築年数によりますが、こちらのお家では、給水・給湯・追炊き管の全てを新しくやり直していきます。
  • ユニットバスはコンクリートの上に置くのですが、
当社神木工務店が大事にしているのは、土間コンクリートの強度です。
45cmおきに差し筋(鉄筋を既存基礎に埋め込み)を配置し、ワイヤーメッシュを繋いでいきます。
差し筋・ワイヤーメッシュがコンクリートごと下がってしまうのを防ぎます。 ユニットバスはコンクリートの上に置くのですが、
    当社神木工務店が大事にしているのは、土間コンクリートの強度です。
    45cmおきに差し筋(鉄筋を既存基礎に埋め込み)を配置し、ワイヤーメッシュを繋いでいきます。
    差し筋・ワイヤーメッシュがコンクリートごと下がってしまうのを防ぎます。
  • コンクリートを流し込みました。
既存の基礎と一体化して、強度が増します。
見えなくなる部分こそ、丁寧にと思い施工しています。 コンクリートを流し込みました。
    既存の基礎と一体化して、強度が増します。
    見えなくなる部分こそ、丁寧にと思い施工しています。
  • 浴室の隣がトイレなのですが、換気扇がありませんでした。
そのためトイレを壊さず工事できるので、同時にパイプファンを施工しました。
天井の上は2階の屋根ですので、100ミリ厚の断熱材を施工しています。
既存の換気扇穴には、より断熱製の高いスタイロエースⅡをはめ込んでいます。 浴室の隣がトイレなのですが、換気扇がありませんでした。
    そのためトイレを壊さず工事できるので、同時にパイプファンを施工しました。
    天井の上は2階の屋根ですので、100ミリ厚の断熱材を施工しています。
    既存の換気扇穴には、より断熱製の高いスタイロエースⅡをはめ込んでいます。
  • LIXILさんのメーカー施工部隊は、挨拶も養生もしっかりしているので、とても安心です。 LIXILさんのメーカー施工部隊は、挨拶も養生もしっかりしているので、とても安心です。
  • 機能的でお手入れが簡単なドレッサーカウンターと小物がおける棚を設置し、使い勝手もよく、手すりもついているので、安心・安全です。
これからは、手足をゆったりと伸ばし、一日の疲れを癒すバスタイムが楽しめます。 機能的でお手入れが簡単なドレッサーカウンターと小物がおける棚を設置し、使い勝手もよく、手すりもついているので、安心・安全です。
    これからは、手足をゆったりと伸ばし、一日の疲れを癒すバスタイムが楽しめます。

物件スペック

工事期間 5日
こちらの工事をもっと詳しくご覧になりたい方は
こちら熱いぜ、社長 ! ! 【リフォーム・太陽光発電など】
からご覧下さい。